忍者ブログ


WCCF Intercontinental Clubs 2007-2008 オフィシャルカードバインダーを注文する
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

にほんブログ村 ゲームブログ アーケードゲームへ 

midashibg030201.JPG
033.jpg  033  GK BRUNO ブルーノ 

 OF:6 DF:16 TE:9 PW:17 SP:10 ST:9 TOL:67

 SKILL / シュートストッパー KP戦術 / シュートセービング

 南米屈指のシュートストッパーはリーチのナアg差を生かし、自分の間合いに敵を誘い込む。ハイボールの処理に難はあるが、守備的位置が深くなりがちなDFにとって、彼のセービングほど心強いものは無い。
034.jpg  034 DF IRINEU イリネウ
 OF:9 DF:16 TE:12 PW:18 SP:10 ST:12 TOL:77

 SKILL / 壁のようなブロッキング KP戦術 / リトリート

 若くして恵まれた体躯を生かす個人戦術を体得し、03年にはクルゼイロで国内3冠を経験。フラメンゴでは最も安定感のある対人戦を見せる。広範囲の機動力には欠けるが、エリア内では防波堤として貢献度が高い。
035.jpg  035  DF JUAN ジュアン

 OF:13 DF:9 TE:14 PW:10 SP:16 ST:16 TOL:78

 SKILL / 逆サイドへの架け橋 KP戦術 / アザーサイドアタック

 縦の推進力を駆使して最前線まで絶え間なく駆け上がる、ブラジルの古典的な左SB。放つクロスは彼の代名詞。エリア内にも侵入してダイビングヘッドを敢行するなど、右のモウラと共に敵陣を蹂躙する。
036.jpg  036 DF  LEONARDO MOURA レオナルド・モウラ
 OF:14 DF:8 TE:14 PW:8 SP:17 ST:17 TOL:78
 SKILL / カットバッカー KP戦術 / プルバック重視
 
 リズミカルなステップで敵のエリア内に侵入する、情熱のモヒカン戦士。試合時間の大半を敵陣で過ごし、ウィング顔負けの前線からのチェイシングも敢行。破天荒だが、リオでは代表選手にも匹敵する人気を誇る。
037.jpg  037  DF MOISÉS モイセス
 OF:7 DF:16 TE:10 PW:17 SP:11 ST:13 TOL:74

 SKILL / 後方からのプレッシング KP戦術 / バイタルエリアプレス

 ロシアなどで豊富な経験をつんだクレバーなザゲイロ。パワーを押し出した直線的な守備は圧巻だが、決断には繊細な戦術眼が伴う。クロスを見破る場面もあるが、前からのロングパスには滅法強い。
038.jpg  038  DF RONALDO ANGELIM ロナウド・アンジェリム
 OF:11 DF:14 TE:13 PW:13 SP:14 ST:13 TOL:78
  SKILL / 弧を描くオーバーラップ KP戦術 / オーバーラップ

 フラメンゴを象徴する、世界有数の攻撃的なベテランCB。左SBを務めるジュアンの上がりに輪をかけたオーバーラップを敢行。守備時のポジショニングは難点だが、不屈の闘志は仲間を奮い立たせる。
039.jpg  039  DF THIAGO チアゴ
 OF:9 DF:15 TE:12 PW:16 SP:13 ST:13 TOL:78
  SKILL / 勇猛果敢なクリア KP戦術 / ディフェンススピリッツ
 常に危険な香りを漂わせ、左足の獰猛なタックルでボール保持者の仕掛けを封殺。その姿はさながらマラカナンの処刑人である。積極的な守備スタイルは裏への不安を伴うが、持ち前の瞬発力で何とかしてしまう。
040.jpg  040  MF CLAITON クライトン
 OF:13 DF:12 TE:13 PW:17 SP:12 ST:16 TOL:78
 SKILL / ダイナミックダイナモ KP戦術 / オフェンスダイナモ
  漕艇のミドルクルーを連想させる、パワー全開のボランチ。好不調の波は激しいが、乗り出したら手がつけられない。直線ドリブルから唐突に繰り出す柔らかいループが決まれば、敵の守備陣も脱帽するしかない。
041.jpg  041  MF LÉO MEDEIROS レオ・メデイロス
 OF:11 DF:12 TE:13 PW:14 SP:12 ST:14 TOL:76
 SKILL / 危機察知能力 KP戦術 / ワイドカバーリング
  苦労人のボランチは大好きな攻撃を封印し、率先して敵のカウンターに備える。シュートコースに体をかぶせる動きは絶品。イバチンガ時代の同僚であるパウリーニョとの守備連携はフラメンゴの支柱である。
042.jpg  042  MF PAULINHO パウリーニョ
 OF:9 DF:13 TE:12 PW:10 SP:17 ST:18 TOL:79
 SKILL / リスクカッター KP戦術 / ワイドカバーリング
  攻撃偏重のフラメンゴを影から支える中盤のスピードランナー。両SBのカバーリングは彼の日課となっている。ネイ・フランコ監督とは小クラブのイバチンガ時代から苦楽を共にし、師弟の絆はこの上なく深い。
043.jpg  043  MF RENATO レナト
 OF:13 DF:9 TE:14 PW:14 SP:14 ST:14 TOL:78
 SKILL / FKのスペシャリスト KP戦術 / フリーキック重視
  小さなクラブを渡り歩いてきた苦労人だが、ブラジルを代表するレフティとして注目を集めている。左からスラーダー気味の高速クロスをターゲットにあわせる。そのキック力はしばしばFKでも敵の脅威となる。
044.jpg  044  MF RENATO AUGUSTO レナト・アウグスト
 OF:15 DF:8 TE:16 PW:15 SP:15 ST:14 TOL:83
 SKILL / 鋭敏なカットイン KP戦術 / カットイン
  その躍動感に海外のスカウトは早くも目を奪われたようだ。トップギアで繰り出すドリブルは、ファウル覚悟でも止めがたい。ゴール隅を捉えるミドルも一級品で、名シューターを揃えるブラジルでも屈指の制度を誇る。
045.jpg  045  FW LEONARDO レオナルド
 OF:15 DF:4 TE:12 PW:15 SP:14 ST:12 TOL:72
 SKILL / 強引な突破 KP戦 / パワードリブル突破
  直線的ながら、柔らかいボールタッチで力強く敵陣中央を打ち破る、ブラジル特有の突貫型ストライカー。前線にタレントを揃えるフラメンゴにあっても、膠着状態を打開するジョーカーとして重宝されている。
046.jpg  046  FW OBINA オビーナ
 OF:17 DF:3 TE:14 PW:17 SP:16 ST:11 TOL:78
 SKILL / 鋭敏な振り足 KP戦術 / シュート重視
 中東のアル・イテハドでは不振を極めたが、母国で完全復活。踊るようなドリブルからフィニッシュまで持ち込んでいる。裏でパスを受ける器用さもあり、レナト・アウグストとのホットラインは乗り出すと手がつけられない。
047.jpg  047  FW RONI ロニ
 OF:15 DF:5 TE:14 PW:12 SP:17 ST:13 TOL:76
 SKILL / 裏をとる動き KP戦術 / ラインブレイク
  俊敏なストライカーは限られた出場機会の中で特性を生かし、何度もチームの危機を救ってきた。07年州選手権のボタフォゴ戦では、超ロングパスをDFの裏で見事にトラップ。起死回生の同点ゴールを奪った。
048.jpg  048  FW SOUZA ソウザ
 OF:17 DF:6 TE:13 PW:19 SP:10 ST:15 TOL:80
 SKILL / クロスターゲット KP戦術 / ハイタワー
  06年全国選手権の得点王は、競り合いからでも狙いを外さないヘッドを武器に、瞬く間にフラメンゴの新たな主砲となった。敵に囲まれれば無理せずに見方に叩くため、シンプルな展開をも、しばしば決定機に結びついている。
PR
にほんブログ村 ゲームブログ アーケードゲームへ 

midashibg030102.JPG
017.jpg  017  GK Juan Pablo CARRIZO ファン・パブロ・カリッソ 

 OF:7 DF:18 TE:11 PW:17 SP:13 ST:13 TOL:78

 SKILL / シールドメイカー KP戦術 / オーガナイズドディフェン

 アルゼンチンにまた一人、歴史に名を刻むべき守護神が誕生した。磐石のポジショニングでゴール前に重厚なシールドを築き、度重なるシュートを遮断。低迷が続くリーベルの失点を最小限に食い止める。
018.jpg  018 DF Federico DOMÍNGUEZ フェデリコ・ドミンゲス

 OF:12 DF:11 TE:14 PW:14 SP:12 ST:14 TOL:77

 SKILL / 鋭角的なタックル KP戦術 / 全員攻撃

 国内屈指のキック力を武器に、左サイドから精力的に攻撃を展開。豪快なロングスローもリーベルの貴重な得点源となっている。守備はやや荒削りだが、足元を抉(えぐ)るハードタックルは敵のサイドアタックを滞らせる。
019.jpg  019  DF Paulo FERRARI パウロ・フェラーリ 

 OF:12 DF:10 TE:13 PW:14 SP:12 ST:16 TOL:77

 SKILL / パワーラン KP戦術 / オーバーラップ

 再度としてのスピードに難があるものの、多彩な攻撃参加でリーベルの前線をサポートする。06-07後期リーグのアルセナル戦では、ロスタイムに中へ切り込んでループパス。劇的な決勝ゴールを演出した。
020.jpg  020 DF  Danilo GERLO ダニーロ・ヘルロ
 OF:8 DF:15 TE:10 PW:16 SP:13 ST:15 TOL:77
 SKILL / 積極的なディフェンス KP戦術 / ディフェンススピリッツ
 
 中央のDFとしては豊富な運動量を備えている。それだけに、セカンドボールの奪取力は欧州のトップクラスにも全く引けをとらない。頭上のクロスボールを見送ってしまうなどのミスに目を瞑っても起用したい選手だ。
021.jpg  021  DF Federico LUSSENHOFF フェデリコ・ルッセンホフ

 OF:8 DF:16 TE:9 PW:18 SP:10 ST:12 TOL:73

 SKILL / 闘志剥き出しのディフェンス KP戦術 / パワーディフェンス

 スペインでキャリアを積み上げてきた、超が付く肉体派のストッパー。体ごと敵にぶつける守備はしばしば警告の原因になるが、決してスピードがあるとはいえない彼が数々のドリブラーを遮断してきた所以でもある。
022.jpg  022  DF Lucas MAREQUE ルーカス・マレケ

 OF:10 DF:10 TE:12 PW:10 SP:15 ST:16 TOL:73
  SKILL / 精力的なフリーランニング KP戦術 / サイドアップダウン

 キャリアの早々に延期の負傷を経験しながらトップに定着した、苦労人の左SB。小兵ながら体力の限りライン際を往復し、ドミンゲスと激しくポジションを争った。移籍先のポルトっで得意の全身タックルが炸裂するか。
023.jpg  023  DF Cristian NASUTI クリスティアン・ナスティ
 OF:8 DF:14 TE:11 PW:16 SP:13 ST:14 TOL:76
  SKILL / サバイバルナイフ KP戦術 / マリーシア

 最終ラインから前に飛び出してのタックルに情熱を注ぐ剛毅なストッパー。ワンツーやスルーパスの対応に不安を見せるものの、単独で仕掛けて来るドリブラーにとっては、この上なくナスティ(厄介)な選手である。
024.jpg  024  DF Eduardo TUZZIO エドゥアルド・トゥッシオ
 OF:8 DF:16 TE:12 PW:17 SP:12 ST:13 TOL:78
 SKILL / 結束を導くディフェンス KP戦術 / ラインコントロール
  2度の欧州挑戦では満足な結果を得られなかったが、強靭な両腕で敵を抑えてのクリアで、リーベル守備陣の屋台骨となっている。装甲の厚い戦車のごとくアタッカーを潰す容赦のなさも、見方には心強い。
025.jpg  025  MF Oscar AHUMADA オスカル・アウマダ
 OF:11 DF:11 TE:13 PW:13 SP:13 ST:15 TOL:76
 SKILL / ビルドアップサポート KP戦術 / トライアングルパスワーク
  現代サッカーで最も求められる攻守の戸ランじっしょんに優れた献身のピボーテ。敵を押し込んで状況での工夫にはかけるが、圧倒的な個人技を押し出すベルスキを背後から効果的にサポートしている。
026.jpg  026  MF Fernando BELLUSCHI フェルナンド・ベルスキ
 OF:14 DF:10 TE:16 PW:12 SP:16 ST:15 TOL:83
 SKILL / 展開を読む力 KP戦術 / ミックスパスワーク
  主将として、また司令塔としてリーベルの攻撃陣を牽引する高速アタッカー。守備的MFも務めうる運動量を基盤に、自陣でのボール奪取から一気に加速。敵陣へと駆け上がり、得意のスルーパスを繰り出す。
027.jpg  027  MF Leonardo PONZIO レオナルド・ポンシオ
 OF:11 DF:13 TE:14 PW:15 SP:13 ST:18 TOL:84
 SKILL / エースキラー KP戦術 / ハードマーク
  サラゴサの多彩な攻撃を後方から支えた男は名門の危機を救うべく母国に舞い戻った。FKを蹴るほどの攻撃力を秘めながら、エースキラーとしての役割を全う。スーペルクラシコでは司令塔リケルメを容赦なく削った。
028.jpg  028  MF Victor ZAPATA ビクトール・サパタ
 OF:13 DF:9 TE:14 PW:15 SP:12 ST:14 TOL:77
 SKILL / 体を張るドリブル突破 KP戦術 / パワードリブル突破
  頑強な肉体を備えたレフティは、ライン際のボディコンタクトで不敗を誇っている。たとえ走力で振り切ることができなくても、右腕で相手を押さえつけながら、左足で長く精確なクロスを前線に送り届ける。
029.jpg  029  FW Radamel FALCAO GARCÍA ラダメル・ファルカオ・ガルシア
 OF:16 DF:4 TE:15 PW:13 SP:17 ST:13 TOL:78
 SKILL / 躍動するステップ KP戦 / ボールキープ
  むこう10年に渡りコロンビア代表の看板を背負うことを期待される若手ドリブラー。ボールと一緒に横へスライドする独特のステップで、安易に足を出せばPK、タックルを躊躇すればボールというジレンマに陥らせる。
030.jpg  030  FW Ernesto FARÍAS エルネスト・ファリアス
 OF:17 DF:6 TE:14 PW:14 SP:14 ST:14 TOL:79
 SKILL / ワンタッチストライカー KP戦術 / ダイレクトシュート重視
 「エル・テクラ(鍵)」のワイドな動きは、アルゼンチンのDFを常に困らせている。GKの反応を遅らせるタイミングの早いシュートも強力な武器。あとはいかに、仲間たちがこのストライカーにボールをつなげるかだ。
031.jpg  031  FW Marco LUBENマルコ・ルベン
 OF:15 DF:7 TE:13 PW:14 SP:14 ST:15 TOL:78
 SKILL / 懐の深いボールコントロール KP戦術 / パワーボールキープ
  ロサリオからやって来た器用なストライカーは、厳しい競争の中でも瞬く間にパサレラ監督の信頼を獲得した。ポストプレイも期待されるが、ただ体を張るだけでなく、相棒の特長を引き出すパスを供給できる。
032.jpg  032  FW Ariel ORTEGAアリエル・オルテガ
 OF:15 DF:4 TE:18 PW:10 SP:16 ST:10 TOL:73
 SKILL / カットバッカー KP戦術 / プルバック重視
  リーベルの黄金期を牽引した天性のドリブラーは、アルコール依存症を克服し、モヌメンタルに帰ってきた。目の前の敵に絶望感を抱かせる直角ターンが再び見られるか。それは彼自身の一念にっかかっている。

にほんブログ村 ゲームブログ アーケードゲームへ 

midashibg030101.JPG
001.jpg  001  GK Aldo BOBADILLA アルド・ボバディージャ 

 OF:7 DF:16 TE:10 PW:17 SP:10 ST:10 TOL:70

 SKILL / ミドルセーバー KP戦術 / シュートセービング

 ドイツW杯で一躍、その名を世界に轟かせた大器。負傷した正GKからゴールマウスを預かると、ランパードの再三の強シュートを阻止した。ボカでは連携の問題でポジションを失ったが、個としての資質に疑いの余地はない。
002.jpg  002  DF Daniel DÍAZ ダニエル・ディアス

 OF:9 DF:17 TE:11 PW:17 SP:11 ST:13 TOL:78

 SKILL / バイタルエリアの障壁 KP戦術 / リトリート

 がっちりした体躯(ていく)を冷静に操る名ブロッカー。一見して重そうな動きは相手に油断を誘うが、バイタルエリアでは瞬時の移動でシュートに体を被せる。セットプレイの流れから放つパワーショットも強力な武器だ。
003.jpg  003  DF Hugo IBARRA ウーゴ・イバーラ 

 OF:13 DF:12 TE:14 PW:13 SP:17 ST:16 TOL:85

 SKILL / 機動のオフザボール KP戦術 / サイドアップダウン

 年齢の不安をまったく感じさせない一点突破の超特急。柔軟な中央カバーはCBがもう一人いるかのような安定をもたらすが、やはり特筆すべきは攻撃性能だろう。特にインステップのクロスは密集したDFに対応の余地すら与えない。 
004.jpg  004  DF  Juan KRUPOVIESA ファン・クルポビエサ
 OF:11 DF:14 TE:12 PW:15 SP:14 ST:15 TOL:81
  SKILL / 狩猟戦士 KP戦術 / ハードプレッシング
 まるで山野から駆けつけて来たかのような怒声を響かせる狩猟戦士。ハードタックルからそのまま前線へ突入する積極性はリスクと隣り合わせだが、走った勢いで放つ弾丸ミドルとダイビングヘッドで敵を慄かせる。
005.jpg  005  DF Jonatan MAIDANA ホナタン・マイダナ

 OF:7 DF:15 TE:10 PW:14 SP:16 ST:11 TOL:73

 SKILL / 一瞬のアプローチ KP戦術 / マンマーク

 ロス・アンデスという小さなクラブで頭角を現し、名門に引き抜かれた、快速のシンデレラボーイ。組織面での荒削り感は否めないが、恵まれた体を躍動させてストライカーを狩る姿に、早くも国際的な関心が集まる。
006.jpg  006  DF Claudio MOREL RODRÍGUEZ クラウディオ・モレル・ロドリゲス

 OF:11 DF:13 TE:13 PW:15 SP:15 ST:14 TOL:81
  SKILL / 鋭いサイドチェンジ KP戦術 / アザーサイドアタック

 パラグアイの伝統とも言うべき強烈なFKを持つ、身体能力に優れたサイドストッパー。本職の守備でも強さを発揮するが、恐るべきはそのキック力。06-07後期リーグのラシン戦では40M級のシュートを突き刺した。
007.jpg  007  DF Matías SILVESTRE マティアス・シルベストレ
 OF:6 DF:14 TE:9 PW:17 SP:11 ST:13 TOL:70
  SKILL / フルメタルジャケット KP戦術 / ワーディフェンス

 名門が誇ってきた堅守の伝統を継承すべき大型ストッパー。まだ荒っぽさが残り、常勝軍団の主軸を任されるには至っていない。だが、腕を掴んででもエリア内に進入させないハートの強さが彼を成功に導くかもしれない。
008.jpg  008  MF Sebastián BATTAGLIA セバスティアン・バタグリア
 OF:10 DF:14 TE:14 PW:13 SP:14 ST:15 TOL:80
 SKILL / 栄冠の手綱 KP戦術 / オーガナイズドディフェンス
 強烈なラブコールでスペインに渡るも、家族の事情で帰国。再びボカで史上最多のタイトルを獲得を目指し、中盤から個性派集団の手綱を握る。03年トヨタカップでミランのパスワークを封じた迅速チェックに陰りは無い。
009.jpg  009  MF Neri CARDOZO ネリ・カルドソ
 OF:14 DF:7 TE:15 PW:12 SP:17 ST:15 TOL:80
 SKILL / 迅速なスペース進出 KP戦術 / シャドーストライク
 アルゼンチン人らしい小刻みなドリブルで敵全域を走破する、恐れ知らずのセカンドアタッカー。欧州浸出こそガゴに先を越されたが、帰ってきた司令塔利ける目と名コンビを結成。着実に世界への上昇気流を捉えている。
010.jpg  010  MF Pablo LEDESMA パブロ・レデスマ
 OF:14 DF:10 TE:15 PW:14 SP:15 ST:16 TOL:84
 SKILL / スペクタクルの起点 KP戦術 / ワイドゲームメイク
  中盤の底で平然とラボーナを繰り出す、破天荒なミッドフィルダー。06-07後期リーグのスーペルクラシコでは、リケルメの鋭いパスをDFラインの裏でトラップ。国内随一のGKカリッソをも鮮やかに破り、ゴールを決めた。
011.jpg  011  MF Guillermo MARINO ギジェルモ・マリーノ
 OF:13 DF:7 TE:15 PW:11 SP:14 ST:12 TOL:72
 SKILL / 高速パス KP戦術 / スルーパス重視
  育成の名門として知られるニューウェルスでパスセンスを磨いた早熟の天才。期待されたボカでは力を出し切れず、リケルメに10番を譲る屈辱を味わった。複数の敵を一瞬で破る低空パスを武器に捲土重来を誓う。
012.jpg  012  MF Juan Román RIQUELME ファン・ロマン・リケルメ 
 OF:18 DF:3 TE:20 PW:17 SP:10 ST:14 TOL:82
 SKILL / 絶対指揮権 KP戦術 / ゲームメイク
  ビジャレアルを欧州の4強に導きボンボネーラに凱旋。エンガンチェは再び攻撃の全権を掌握した。ピッチの全てを見渡すようなボールタッチは敵の守備組織を揺るがし、同時に仲間の決定的な動きを促す。
013.jpg  013  FW Bruno MARIONI ブルーノ・マリオーニ
 OF:17 DF:5 TE:15 PW:12 SP:14 ST:12 TOL:75
 SKILL / 瞬間のイマジネーション KP戦 / ゴールハンティング
  メキシコリーグ得点王の冠を引っさげ憧れのボカ移籍を果たした技巧はストライカー。左足を器用に操り、どんな位置からでもゴールを狙ってくる。特にウィングエリアからクロスと見せかけて放つループには要注意だ。
014.jpg  014  FW Rodrigo PALACIO ロドリゴ・パラシオ
 OF:17 DF:5 TE:16 PW:13 SP:18 ST:15 TOL:84
 SKILL / ゴールへ導くトラップ KP戦術 / シュート重視
  トレードマークの三つ編みをなびかせ敵陣で高速ステップを繰り出す、エリア内のダンゴダンサー。安定感に課題は残るものの、敵のマークを幅あるサイドステップで翻弄。そのプレイはボンボネーラを揺り動かす。
015.jpg  015  FW Martín PALERMO マルティン・パレルモ
 OF:18 DF:4 TE:15 PW:19 SP:10 ST:12 TOL:78
 SKILL / 蛇行する飛び出し KP戦術 / ラインブレイク
  スペイン時代の苦難を乗り越え、ゴール前の巨石は古巣で奮闘を続ける。06-07後期リーグのロサリオ戦では、ハーフウェーから振り向き様のロングシュートで得点。危険なストライカーであることを改めて証明した。
016.jpg  016  FW Guillermo Barros SCHELOTTO ギジェルモ・バロス・スケロット
 OF:16 DF:5 TE:18 PW:12 SP:15 ST:13 TOL:79
 SKILL / パスを呼ぶ動き KP戦術 / ラインブレイク
  攻撃のエッセンスを知り尽くしたボカのアイドルは、数々のタイトルを置き土産にMLSへ旅立つ。敵のタックルを逆手に取る華麗なドリブルと苦しい状況でのリーダーシップ。その雄姿をボケンセが忘れる事は無いだろう。

にほんブログ村 ゲームブログ アーケードゲームへ 


  HOME  
にほんブログ村 ゲームブログ アーケードゲームへ 

ブログ内キーワード検索
最新記事
WCCF公式HP
WCCF浜松設置店舗
TAPAS TOWN GAME OFF
浜松市高丘西2-2-5
8月2日稼動!
¥1000 5クレ
the3rdPLANETOZ浜松店
浜松市宮竹町322-1
今秋入荷予定
the3rdPLANET浜松PLAZA
浜松市上西町1020-1
今秋入荷予定
ポート24浜松店
浜松市坪井町4183-1
8月1日稼動!
¥1000 5くれ オール無制限
ラウンドワン浜松店
浜松市東区天王町諏訪1981-17
9月1日稼動!
¥1000 5くれ 無制限
混雑時の試合飛ばし・連コイン禁止
プロフィール
HN:豪腕ゲン監督
年齢:34
性別:男性
誕生日: 1983/05/03
職業:元ゲーセンスタッフ
趣味:ゲーム・パチンコ・WCCF
スポンサーサイト
週刊サッカーマガジン
週刊サッカーマガジン(ベースボール・マガジン社)
週刊サッカーマガジン>>
発売日:毎週火曜日
世界も、そして、国内も--。サッカーに関するあらゆる。情報をスピーディーに提供。プレーヤー、ウォッチャーを問わず、サッカー情報新時代に対応する本格派専門誌。
ワールドサッカーマガジン
ワールドサッカーマガジン(ベースボール・マガジン社)
ワールドサッカーマガジン >>
発売日:第1,3木曜日
定価:550円
【サッカーに関する情報誌】
イタリアセリエA、英国プレミアリーグを始めとしたワールドワイドなサッカー専門誌。独自のネットワークを生かした、保存性の高い記事やタイムリーな企画も充実。
検索キーワード
レンタルCGI
最新コメント
[05/20 Exehiphescini]
[12/25 あしながおにいさん]
[12/25 あしながおにいさん]
[12/05 オオシマ]
[10/29 豪腕ゲン監督]
[10/28 NONAME]
忍者アド
管理人カテゴリ
フリーエリア
忍者ブログ [PR]